浦幌神社 子宝祈願、安産祈願は浦幌神社へ
トップページ > 乳神神社

乳神神社

乳神神社について
祭神 乳授姫大神(ちちさずけひめのおおかみ)
例祭日 5月21日  9月21日 午前11時(受付10時30分)
鎮座地 北海道十勝郡浦幌町字東山町18番地の1

 大正の中頃、浦幌町瀬多来の山奥に1本のナラの大木がありました。この木の幹には、女性の乳房に似たコブが2つ付いていました。ある日、吉田という老婆がこの木を見つけ、「孫のため、母親に乳を授けて下さい。」と一心に祈願したところ、願いが叶えられたというのが乳神信仰の始まりです。

 その後、災害などにより御神木は倒れてしまいましたが、乳房のコブの部分が残ったため、昭和30年頃から地元の瀬多来神社でおまつりするようになりました。

 そして、昭和57年9月12日、乳神様の御神徳を広く世に広めようと市街の婦人14名が発起人となり、浦幌神社の境内に炭山神社の本殿を移築し、御神体のコブをお移し致しました。

 現在は、春秋にお祭りが行われ「乳神さん」の名で親しまれております。乳授け・子宝・安産・病気平癒(婦人病や様々な病)・縁結びの神様として、道内はもとより道外からも信仰を集めております。
浦幌町に古くから伝わる「乳神様」は、母性のやさしさで心と身体を癒して下さいます。


乳神神社
乳神神社

乳神様御神木復元図
乳神様御神木復元図


乳石(自然石)
乳石(自然石)



おっぱい守
おっぱい守の
ページはこちらへ


子宝安産守
子宝安産守
お守りの
ページはこちらへ

 乳神様と子宝・安産の信仰について

 そもそも乳神様というのは、おっぱいのコブを持つナラの大木を神様としてお祀りしたのがはじまりです。

 最初は、母乳授け、病気平癒の御神徳が広まり、瀬多来部落でお祀りしていましたが、晩年、幹の根元から大きな穴が開き、それが原因で災害時に倒れてしまいました。

 当時、乳神様のお祭りは盛大におこなわれていため、乳神様を拠り所としていた瀬多来部落の人たちの落胆は大きかったことでしょう。

 幸いにも乳神様の右のコブの部分が綺麗に残っていたため、社殿を設けてお祀りしました。すると、不思議な事に倒れた木の辺りから新しいナラの芽が吹き出し、みるみるうちに成長し始めたのです。

 地元の人は、乳神様のお子様(二代様)と喜び、竹垣で囲ってお祀りし、乳神様のお子様の力強い生命の誕生にあやかろうと、子宝・安産の信仰が広まっていったそうです。

 乳神様は、脈々と受け継がれる生命の神秘、力強さを教えて下さる不思議な神様です。

平成7年10月竹垣の落成式
平成7年10月竹垣の落成式
第二代御神木
第二代御神木
第二代御神木
 乳神様の御神木跡地は、日立建機(株)浦幌試験場内にあり、今も竹垣で囲って厳重におまつりして頂いております。御神木跡地には二代目のナラの木が元気に育っております。場所はここです⇒地図

御本殿右横に祀られている乳石は、浦幌町厚内箱石の沢で発見された自然石(硬質砂岩)で昭和57年に諸沢篤三様より奉納され、入魂したものである。平成19年9月に乳石殿を建立し、お祀りされている。
触れると、御神徳が授かると信仰されている。
乳石
乳石殿

 ご祈願(子授け祈願・安産祈願、良縁祈願、病気平癒祈願)について

子授け祈願 安産祈願 良縁祈願 病気平癒祈願

 戌の日の安産祈願について
 犬は家を守り邪気を祓うことや、出産が多産であることにあやかり妊娠5ヶ月目の戌の日に安産祈願をすると良いと伝われています。 ⇒ 戌の日カレンダー

乳神様のお守りについて
 各種取り揃えています。詳しくはこちらへ



 TEL 015-576‐2448 ・ FAX 015-578‐7071

 メールでのお問い合わせはこちらへ

携帯メールをご使用の方で受信拒否機能を設定している場合、こちらから返事をお知らせする返信メールを受け取ることが出来ない場合がございます。お手数ですが、受信許可アドレスに「yokihi11@yahoo.co.jp」を登録いただきますようお願いいたします。