十三参り

◆十三参りについて

数え年、十三歳を迎えられた男子・女子が福徳と知恵を授かる為にお参りする行事です。この年は、干支が一巡する初の厄年にあたります。ちょうど思春期とよばれる心身成長の大切な節目です。 

◆十三参りの由来について

弘法大使空海が十九歳の時に虚空蔵菩薩に真言を100万回唱える修行すると、飛躍的に記憶力が増したという説から、十三歳で虚空蔵菩薩を参拝する風習が生まれ、現在では神社やお寺を詣でるようになりました。

 ◆いつお参りするの?
本来は、3月13日~5月13日にお参りされるのが一般的ですが、当社では厄祓いを兼ねて行っておりますので、1月1日より年中受付けております。

ご兄弟姉妹の七五三参りにあわせて祈願されてもよろしいです。 

 ◆子ども・親の服装は?

 子どもの服装について特に決まりはございません。
子どもは学生服、又は少しよそいきの格好でご参拝されるとよいでしょう。親もそれに準じて清楚な格好でご参拝されるとよいでしょう。



平成30年 十三参り該当者(かぞえ年)

※十三参りは、数え年となります。今年の該当者は下記表をご覧下さい。

 男の子 

平成18年生まれ 13歳  

  女の子

平成18年生まれ 13歳  



十三参りの様子

①祓詞(はらえことば)を奏上し、お祓(はら)いをお受け頂きます。

➁御神前にお供物を致します。

③浦幌神社の神様に祝詞(のりと)を奏上致します。


④鈴のお祓(はら)いをお受け頂きます。

⑤玉串(たまぐし)をお供えし、お参り頂きます。

⑥御守をお受け頂きます。



ご祈願を受けられた方への授与品

御守(2色より選択)

 

御神米



申し込み方法

■ご祈祷受付 午前9時~午後7時まで(要予約)

ご祈祷を希望される方は、年中お電話にて受け付けております。 

TEL 015-576-2448 

 

■ご祈願所要時間

 約 20 分
■祈願料(玉串料)

   3,000円

   5,000円

 10,000円(特別に祈願したお神札を授与致します。)


お問い合わせ

TEL 015-576-2448

メール ⇒ こちらへ

FAX 015-578‐7071

 

携帯メールをご使用の方で受信拒否機能を設定している場合、こちらから返事をお知らせする返信メールを受け取ることが出来ない場合がございます。お手数ですが、受信許可アドレスに「urahorojinjamail@urahorojinja.org」を登録いただきますようお願いいたします。