初宮参り


◆初宮参りについて

初宮参りは神様にお子様の誕生を奉告し、今後の健やかな成長を祈るお参りです。


◆いつお参りするの?
古くから男子は生後31日目、女子は32日目にお参りする習わしがありますが、地域によって若干の相違はあります。
北海道では、生後100日前後が多いようです。

◆赤ちゃんの衣装は?
白羽二重の着物に紋の入った「祝い着」をかけるのが正式なものです。
最近では、真っ白のベビードレスの上に祝い着をかけるスタイルやベビードレスを着せてケープをかけるスタイルも多くみられます。

 

◆親の服装は?

親の服装について特に決まりはございません。
晴れの日ですので、清楚な格好でご参拝されるとよいでしょう。



初宮参りの様子

①太鼓の音で祈願がはじまります。

②祓詞(はらえことば)を奏上致します。

③お祓(はら)いをお受け頂きます。

④御神前にお供物を致します。


⑤祝詞(のりと)を奏上致します。

⑥鈴のお祓(はら)いをお受け頂きます。

⑦赤ちゃんと共に玉串(たまぐし)をお供えし、お参り頂きます。

⑧御守をお受け頂きます。



初宮参りで「安産のお礼参り」と「母体回復祈願」

誕生されたお子様への願い事が書かれた祈願絵馬

 

初宮参りは、生まれた土地の守り神にお参りするのが一般的なのですが、 浦幌神社・乳神神社では、安産祈願成就のお礼参りと母体回復祈願も兼ねてお参りをする風習もございます。


安産のお礼参り
出産は母子ともに命がけです。
安産祈願をされた方は、無事生まれてきてくれたことへの感謝のお参りを致しましょう。

 


母体回復祈願
乳神神社は、母性、子どもの守り神様としても信仰されておりますので、お子様の健康はもとより、母体の無事回復もあわせてご祈願致します。



一生守りを授与

木の短冊記入例

初宮参りを受けられた方には、お子様の「一生」を守って下さるよう願いを込めた「一生守」と「木の短冊」(父母2枚分)をお授けしております。
この木の短冊にお子様への願い事を書いて頂き、

「一生守」の中へおさめて頂いております。
どんな時もお子様を守ってあげたい「親心」をこの御守に込めて、お子様の一生の御守として授けてあげて下さい。



お食い初め「歯固め石」(那智黒石)を授与

お食い初めは、生後100日目、又は110日目に行う儀式で、「お箸初め」「歯固め」などとも呼ばれています。
お子様に丈夫な歯が生えてくることを願い、また一生食べ物に困らないようにという願いを込めて赤ちゃんに食事を食べさせる真似をします。
この儀式に使用するのが「歯固め石」です。この石には「石のように丈夫な歯が生えて、長生きできますように」という願いが込められています。
当社では、太陽のお力をたくさん含んだ那智黒石を祓い清め「歯固め石」として授与致しております。
下記図を参考にどうぞご使用下さい。
※注意 誤飲を防ぐため、この石をお子様の口元に運ばないで下さい。
※ご使用した「歯固め石」は、お子様の御守としてお持ち下さい。


①お好きな形の石をお選び頂きます。

②歯固め石にお箸を当てる。

③お箸をお子様の歯茎に当てる。

④使用した歯固め石は御守としてお持ち下さい。

歯固め石を入れる麻袋もございます。(初穂料300円)



ご祈願を受けられた方への授与品

一生守

歯固め石

日本製ガーゼタオル

御神米



申し込み方法

■ご祈願受付 午前9時~午後7時まで(要予約)
ご祈願を希望される方は、年中お電話にて受け付けております。


TEL 015-576‐2448

 

FAX 015-578‐7071


メールでのお問い合わせはこちら

 

■ご祈願所要時間

 約 20 分
■祈願料(玉串料)

   5,000円

 10,000円(特別に祈願したお札を授与致します。)

■記念撮影について
 男女とも赤ちゃんの衣装・着付・記念写真がセットになったプランもご用意しております。
 詳しくは、申込みの時に浦幌神社へお問い合わせ下さい。
 ※こちらで写真業者にご予約致しますので、お早めにご連絡を下さい。(当日の予約は不可)
 ※社殿内において各自で記念撮影もできます。