厄祓い


◆厄年について
厄年は人生の節目の年といわれ、精神的、身体的、社会的にも転換期を迎えると時期で、災難を招きやすい年頃といわれております。お祓いを受け、自分自身を見つめ直し、厄災が身に振りかからないよう祈願致します。 

 

◆本厄・前厄・後厄とは?
「本厄」の前後の年も「前厄」「後厄」と呼ばれ、3年間は注意が必要と昔から言われおります。今年の「厄年」は下記表をご覧下さい。 

 

◆厄祓いはいつ受ければよいの?
厄年は、その年の1月1日〜12月31日までの間を言いますので、新年を迎えたら早々にお祓いを受けられることをお勧め致します。
当社では、1月1日より年中受付けております。

◆ご本人の代理でご祈願したい場合は?
ご本人が遠方に住んでおり、神社にお参りできない場合は、ご家族・親戚・友人の方が代理としてご祈願することもできます。
詳しくは、浦幌神社へお問い合わせ下さい。 


平成29年 厄年該当者(かぞえ年)

   男性 女性
24歳 平成6年生 前厄 18歳 平成12年生 前厄
25歳 平成5年生 本厄 19歳 平成11年生 本厄
26歳 平成4年生 後厄 20歳 平成10年生 後厄
41歳 昭和52年生 前厄 32歳 昭和61年生 前厄
42歳 昭和51年生 本厄 33歳 昭和60年生 本厄
43歳 昭和50年生 後厄 34歳 昭和59年生 後厄
      36歳 昭和57年生 前厄
      37歳 昭和56年生 本厄
      38歳 昭和55年生 後厄
49歳 昭和44年生 本厄 49歳 昭和44年生 本厄
61歳 昭和32年生 還暦 61歳 昭和32年生 還暦
70歳 昭和23年生 古希 70歳 昭和23年生 古希
77歳 昭和16年生 喜寿 77歳 昭和16年生 喜寿
80歳 昭和13年生 傘寿 80歳 昭和13年生 傘寿
88歳 昭和5年生 米寿 88歳 昭和5年生 米寿


厄祓いの様子

①太鼓の音で祈願がはじまります。

②祓詞(はらえことば)を奏上致します。

③お祓(はら)いをお受け頂きます。

④御神前にお供物を致します。


⑤祝詞(のりと)を奏上致します。

⑥鈴のお祓(はら)いをお受け頂きます。

⑦玉串(たまぐし)をお供えし、お参り頂きます。

⑧御守をお受け頂きます。



ご祈願を受けられた方への授与品

家難防除御札

開運厄除御守

御神米



申し込み方法

■ご祈願受付 午前9時~午後7時まで(要予約)
ご祈願を希望される方は、年中お電話にて受け付けております。


TEL 015-576‐2448

 

FAX 015-578‐7071


メールでのお問い合わせはこちら

 

■ご祈願所要時間

 約 20 分
■祈願料(玉串料)

   3,000円

      5,000円

 10,000円(特別に祈願したお札を授与致します。)


節分祭・厄除け豆まき神事(2月3日)

毎年2月3日の節分に厄祓い祈願と厄除けの豆まきを行っております。

※ご祈願を受けられた方は、厄祓いの授与品を授与致します。

※時間ごとにご奉仕しております。詳しくは、浦幌神社へお問い合わせ下さい。

 

節分祭の厄祓いの様子。

炒ってお祓いした大豆(地元産)

を豆まきに使用致します。

「福」と彫られた升を目がけて「福は内」で豆をまきます。

邪気が外へ出ていくように

「鬼は外」で豆をまきます。