浦幌神社


 

 

御祭神/天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
             八幡大神(やはたのおおかみ)
例祭日/9月20日
鎮座地/北海道十勝郡浦幌町字東山町18番地の1

 

 

由 緒

 

明治27~28年頃

土田謙吉氏、坂東勘五郎氏等の農場経営により拓地開墾が進む中、両人の  唱導によって氏神様の神社建立の声が高まる。

明治29年

伊勢の神宮より天照皇大神宮の神璽を受けて、坂東農場(現浦幌町総合スポーツセンター付近)に祠を建立、天照皇大神を奉祀する。

※明治29年8月15日を浦幌神社の創祀とする。

明治末期頃 

浦幌町東山一線(現森林公園入口付近)に遷座する。

大正12年

市街を一望できる東山の麓(現樹霊塔付近)に総桂造りの本殿を御造営。

大正13年

拝殿が完成する。

昭和3年

「無願社」から公認神社となるため、3月30日付で「神社創立願」が、大勢の発願者の連名で内務省に提出される。

昭和5年

内務省より創立許可を得て「無格社」となる。

※昭和5年9月19曰付。

昭和9年

従来は8月15日を例祭日としていたが、農作業の繁忙期である事を考慮し、「無格社」の公認を得た9月19曰を宵宮祭、翌20日を本祭に変更する「例祭日変更認可申請」を北海道庁に提出。

昭和12年

社務所を新築する(現国道38線沿い浦幌神社下付近)。

昭和20年

「村社」となる。

※昭和20年11月13日付。

昭和21年

神社本庁の包括団体となる。

※昭和21年2月3日付。

昭和48年

新社殿を現在地に御造営し、本殿を移築、12月に遷座祭を斎行する。

昭和49年

御造営事業が完了、6月に落成奉祝祭を斎行する。

昭和54年

帯廣神社より手水舎を移築する。

昭和62年

授与所を新築する。

平成8年

御創祀百周年を迎え、社殿を大改修し8月に遷座祭並びに御創祀百年大祭を斎行する。

平成28年

御創祀百二十周年を迎え、参道・駐車場を整備する。

9月20日の例祭日に御創祀百二十年奉祝祭を斎行する。

合祀された神社
帯富神社(大正8年頃)

千歳神社(昭和33年)

上厚内神社(平成27年)



御神木

夫婦桂

 

根元から二股に分かれた桂の大木が仲良く並んで立っています。

夫婦桂は縁結び・恋結び・夫婦円満の象徴です。

 年に数回、エゾフクロウが訪れます。

チイ

 

平成11年4月、池田吉雄氏により奉納されました。
イチイの木は北海道では、オンコとも呼ばれ、神事で神様へお供えする玉串に用いられる尊い木です。



夏季みこし祭りの様子