· 

乳神様のお話 第2話

「乳神様は、どのように信仰されていったか」

前回お話しましたが、

乳神様とは、

乳房に似たコブをもつナラのご神木です。

大正時代の中頃、浦幌町瀬多来の山中で

吉田という老婆がこの大木を見つけ、

生まれたばかりのお孫さんのために

「母乳を授けて下さい。」と

一心に祈願されたところ、

たちまち母乳が授かり、

お孫さんは元気に育ったといいます。

それから、

母乳授けの乳神様として

このご神木をおまつりし

信仰されるようになりました。

次第にその噂があちこちに広まり、

母乳けの乳神様にあやかりたいと、

遠くからでもお参りに訪れるようになりました。

当時は粉ミルクなどはなく、

母乳が出ないと

子どもの命にも関わります。

母乳授けの乳神様にお参りすれば

よく乳が出て元気に子どもが育つ

という信仰が次第に広まっていきます。