神主さんそこが知りたい · 5月 05日, 2022年
5月5日は、端午の節句です。 この日には、兜や武者などの五月人形を飾り、 ちまきや柏餅をお供えして、 子どもの健やかなる成長をお祈り致します。 外では鯉のぼりをあげ、 男の子の誕生を神様に伝えます。 鯉のぼりは本来、 お田植祭に田の神様をお迎えするために、 お清めが済んだ家の目印のために揚げたものでしたが、...
やすらぎ短信 · 5月 01日, 2022年
浦幌神社「やすらぎ短信」令和4年4月号発行を4月1日に発行致しました。 どうぞ、ご覧下さい。
祭事のご報告 · 5月 01日, 2022年
5月1日、月次祭(つきなみさい)を ご奉仕致しました。 月次祭とうおまつりは、 全国の各神社で決められた日に おこなっております。 浦幌神社でも、 皇室の弥栄(いやさか) 国家の繁栄(はんえい) 国民の安寧(あんねい) をお祈り致しました。 境内では、 桜、梅、ツツジ、レンギョが 一斉に咲きだし、 春らしくなって参りました。 毎年恒例の鯉のぼり80匹も...
神主さんそこが知りたい · 4月 15日, 2022年
御朱印とは、神社参拝した証として戴くものです。 その起源は古く、奈良、平安時代ともいわれます。 御朱印(ごしゅいん)と呼ばれるようになったのは、 昭和のはじめころです。 元々は、神社やお寺に書写したお経を奉納した際の 「納経受取(のうきょううけとり)の書付」 だったともいわれています。 神社にお経を奉納するというと不思議な感じがしますが…...
神主さんそこが知りたい · 4月 05日, 2022年
初宮参り「はつみやまいり」といいます。 初宮参りとは、 神様にお子様の誕生を奉告し、 健やかな成長を祈るお参りです。 この日は、赤ちゃんととっても、親にとっても、 大事なお祝の日です。 ●お参りする時期 地域によってさまざまですが、 古くから男子は生後31日目~32日目、 女子は32日目~33日目に、 お参りする習わしがあります。 北海道では、...
お知らせ · 4月 02日, 2022年
浦幌神社では令和4年4月1日より、 月ごとに季節に応じた絵柄の 「月毎限定御朱印」の授与を開始しました。 絵柄について まず、 浦幌神社の境内 「癒しの杜(もり)」で 実際にみることができる 動物たちの輪(和)を描きました。 シマエナガ リス フクロウ タヌキ キツツキ キツネ モモンガ ウサギ シカ たちです。 そして、 その輪(和)の中に...
やすらぎ短信 · 4月 01日, 2022年
浦幌神社「やすらぎ短信」令和4年4月号発行を4月1日に発行致しました。 どうぞ、ご覧下さい。
祭事のご報告 · 4月 01日, 2022年
4月1日、月次祭(つきなみさい)を ご奉仕致しました。 月次祭とうおまつりは、 全国の各神社で決められた日に おこなっております。 浦幌神社でも、 皇室の弥栄(いやさか) 国家の繁栄(はんえい) 国民の安寧(あんねい) をお祈り致しました。 いよいよ、新年度ですね。 春の息吹を感じながら、 新たな気持ちで祭典をご奉仕致しました。...
神主さんそこが知りたい · 3月 15日, 2022年
春分の日は、国民の祝日となっております。 祝日法では「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日とされています。 では何故この日が祝日になっているのでしょうか。 毎年この日には、 天皇陛下が 宮中三殿(きゅうちゅうさんでん)で 春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい)、 春季神殿祭(しゅんきしんでんさい) というお祭りを御親祭遊ばされます。...
神主さんそこが知りたい · 3月 05日, 2022年
社日 読み方は、「しゃにち」といいます。 社日は一年に春秋の二回ありまります。 春は、春分の日、 秋は、秋分の日、 それぞれ最も近い戊(つちのえ)の日をさします。 この日には、土地の神様・農耕の神様に 春には豊作を祈り、 秋は収穫を感謝する、社日祭が行われます。 農耕民族である日本人は、五穀豊穣と農作業の安全を祈ることを 第一にしてきました。...

さらに表示する